飛騨流忍者伝 見座忍 天下夢想学校

ようこそ! ゲストさん [ログイン]
 

田植え修行



生きることには食べるという行為が欠かせません。
その恵みをもたらしてくれるすべての命の礎に感謝を込めて、田植えの修行を行います。

昔ながらの農法も実際に体験します。



こうして田んぼに印をつけて、稲を均等に植えられるようにします。
こうすることによって、一本一本の稲に日が当たり、土からの栄養も行き渡ります。おいしいお米を作るための先人たちの知恵は、本当にすごい!!



この小さな苗が、水と空気と土に育まれて、私たちに豊かな恵みを与えてくれます。

実際に手で植えた苗が、大きく育っていくさまを目の当たりにすると、自然の豊かさを実感することができます。



もちろん、現代は機械も使いこなせなければなりません。
手で作業していた頃の技術を体得した上で、現代の機械を使いこなすことで、より広く深い見識を得ることができます。



田植えの後は食事です。(←日本一に選ばれたお米です)
シシトウ、オクラ、鮎などの天ぷらや、宿儺(すくな)かぼちゃ、モロヘイヤ、唐辛子の葉などをおいしく頂きました。