飛騨流忍者伝 見座忍 天下夢想学校

ようこそ! ゲストさん [ログイン]

飛騨流忍者 見座忍とは



飛騨流忍者とは、豊臣秀吉の特命を受け、奥飛騨の深山幽谷にこもって、神の財宝を代々守ってきた忍者である。

岐阜県高山市の上宝町見座(かみたからちょうみざ)地区に本拠地があると言われており、見座忍(みざにん)とも呼ばれる。



見座忍たちは、戦国時代から現代にいたるまで、代々神の財宝を守り続けてきたのだ。

見座忍たちが守る「神の宝」とは何なのか、現在まで謎に包まれたままである。