飛騨流忍者伝 見座忍 天下夢想学校

ようこそ! ゲストさん [ログイン]

忍者は○○の姿で身を隠す



忍者は隠密行動を取る必要があるため、己が忍者であることを隠して暮らさねばならない。

では、忍者はどのような姿で、身分を隠していたのだろうか?

実は、多くの忍者は、農民に姿を変えて暮らしていたのである。



忍者の特長である黒装束は、農民が着る「野良着」である。
(劇中では黒色として描かれることが多い装束であるが、実際には藍色であったと考えられている。これは、野良着として一般的である上に、黒よりも藍の方が闇夜にまぎれやすいためである。)

農民であれば、カマやクワなど武器となる農具を持っていても怪しまれることはない。
農民として生活することは、忍者にとって好都合であったのだ。

飛騨流忍者見座忍たちもまた農民に姿を変えて、隠密としての職務を全うしている。

植物に関する豊富な知識や、気象を読む能力に長けている忍者は、良質な作物を作ることができる。つまり優秀な忍者は、優秀な農民でもあるのだ。

上宝町見座には、最も大きな米の品評会で、何度も日本一の評価を受けている農園があるが…。