飛騨流忍者伝 見座忍 天下夢想学校

ようこそ! ゲストさん [ログイン]
 

見座忍秘伝の心得とは?

見座忍秘伝の心得は、「和真仁実」です。

「和」とは「輪」であり「リング」であり、「リンク」であり、人々のつながりのことを表しています。

「真」とは、「まこと」、「本当のこと」です。

「仁」とは、慈(いつく)しみ、忠義を尽くすことです。

「実」とは、「実り」のことです。

「和真仁実」とは、「和ヲ以テ仁ヲ尽クセバ真の実リガ得ラレン」ことを表したもので、すなわち、人と人の輪が和になって、慈しみを持ち、誠(真)をもって尽くせば、豊かな実りとなるということを伝える言葉です。

このウェブサイトでは、「見座仁」と「見座忍」という言葉が登場しますが、「見座忍」とは見座に住む忍者を差し、「見座仁」とは、こうした慈しみの心を大切にする見座忍の心得を表しています。